1300年以上の歴史を持つ法隆寺を支える桧のお話し

全ての記事

日本の木材の中でも優れた耐久性があるヒノキで建てられた法隆寺の塔は、1300年経った今も立派にその原型を維持しています。

鉄やコンクリートには、これほどの耐久性は無く、せいぜい100年程度と言われています。

宮大工さんは「1300年経ってもヒノキを削れば良い香りがするし、このまま使う事もできる」と言います。木は伐られた時に第一の生命を断つことになりますが、第二の新しい生命が宿り、何百年もの長い歳月を生き続ける力を持っているのです。

ヒノキは伐採してから200年間は強くなり、その後1000年かけて徐々に弱くなります。

つまり、今伐採したヒノキと法隆寺で使われているヒノキの強さは同等なのです。

ヒノキは木材として耐久性や保存性が世界最高レベルにあります。

▸木のモフローリングサイトはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました